ボクシングのトリプル世界戦(20日、東京・有明コロシアム)の前日計量が19日、都内で行われた。WBC世界ライトフライ級王者
ガニガン・ロペス(35=メキシコ)に挑む同級4位拳四朗(25=BMB)は約200グラムアンダーの48・8キロでパス。ロペスと並んだ
写真撮影ではファイティングポーズの王者に対し、なんと両手でピースサインを作り、笑いを誘った。

「あれですか? Vサインじゃなく、ピースですね。何でしたんかな?」。笑顔で応じる姿には、世界初挑戦を翌日に控えた力みなどない。
前日の調印式後には1人で地下鉄に乗って池袋へ。「あれです。アライグマが出てくるやつ」というSF映画「ガーディアンズ・オブ・
ギャラクシー:リミックス」を見た。

「地下鉄の構内に、僕の試合のポスターあったんですよ。でも『俺、ここにおんのになあ』と思ったけど、誰にも気づかれませんでした。
気づかれたいですねえ」

この日朝にはまたも1人で電車に乗って、計量後に食べるベーグルを買いに出かけた。

「ベーグルの店の最寄り駅が『勝どき駅』なんです。びっくりしました。勝つ時でしょ? だから僕、勝つんです」。ダジャレのような、
験担ぎのような…。笑いながら、ご満悦だ。

父の寺地永会長(53)が人気漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウにちなんでつけた名前がウソのような“癒やし”のムードを漂わせて、
大一番へ。「後は勝つだけです」。京都・宇治で生まれた“古都の拳”の主人公は、そう言った時だけ表情を引き締めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01826017-nksports-fight

コメント一覧
で映画の宣伝いくらもらえるの?
こいつだけは応援できない
父親は190cm近くあった東洋太平洋ライトヘビー級チャンピオンなのになぜ息子はコロボックル階級なんだよ
宗教団体の創価学会は犯罪を犯してる

ドトールコーヒーは会員だ

集団ストーカー

赤羽馬鹿祭りは創価の悪魔の三色旗がなびいてる
>>4
ワロタ
>>4
母親の遺伝子が強かったんじゃ
>>4
父親が違うんじゃないのか?
ちなみに寺地永会長(父)と息子拳四朗のツーショット
https://i1.wp.com/bokubokusaaa.rev1028.red/wp-content/uploads/2016/12/寺地永と寺地拳四郎.jpg?fit=960%2C720
すまん。貼り損なったから貼り直し
https://daily.c.yimg.jp/ring/2014/07/24/Images/07172513.jpg